大規模修繕工事の流れ

大規模修繕工事のお話をいただいてからの流れと致しまして、大きく分けて3つのステップで構築を考えております。
大規模修繕工事の着工
6

工事説明会の開催

工事の内容について関係する方々に説明する会議を開催します。

■安全について

工事期間中の居住者及び出入り関係者の安全を最優先し、皆様のご希望を聞きながら大規模修繕工事期間の安全管理体制を作ります。

■工程について

工事期間中の工程(工事の進行予定)について皆様にご説明し、ご協力をお願い致します。

■品質・仕上りについて

大規模修繕工事の目的とリニューアル後の品質について、技術的な説明も加えながら皆様のご理解を頂きます。
7

仮設工事

・工事作業用の事務所他の設置
・足場や安全措置を仮設します

■共通仮設工事

・仮設事務所
・仮設資材倉庫
・仮設トイレ

■直接仮設工事

・枠組足場
・養生シート
・落下飛散防止措置
足場足場 ネットネット
8

劣化箇所調査

足場仮設設置後に、建物各所の劣化状態を打診等で行い、マーキングをします。

■外壁の浮き・ひび割れ

■爆裂等の躯体の劣化部

■防水層の劣化部

1. 躯体の劣化修繕
鉄筋コンクリート躯体部分の劣化を判定し、適切な修繕方法を選択することが最も重要です。
2. 仕上材の劣化修繕
仕上材の劣化は撤去新設をするか、既存の上に積層するかを選定することからスタートします。

マーキングマーキング 爆裂爆裂 防水劣化部防水劣化部
9

高圧水洗浄

既存仕上材の脆弱層や付着物を除去・洗浄・清掃します。

■埃やカビの除去

■脆弱部の除去

■施工箇所の洗浄

水洗浄水洗浄
10

躯体修繕・
下地補修工事

最も重要な躯体の劣化部の補修を行います。

■躯体の浮き・ひび割れ

■爆裂・欠損の躯体劣化部

■タイルの浮き補修

■下地の不陸等の調整

クラックカッター入れクラックカッター入れ カッター入れ部処理カッター入れ部処理
11

シーリング工事

性能劣化したシーリングの交換を行います。

■劣化部のシール撤去

■新規シーリング施工

シーリング工事シーリング工事
12

塗装工事

建物の美観の回復・躯体の保護性能強化・外壁防水性能強化のため塗装工事を行ないます。

■外壁塗装工事

■鉄部塗装工事

■その他塗装工事

吹き付け工事吹き付け工事 鉄部塗装鉄部塗装
13

防水工事

特殊技術を要する各所の防水工事を行ないます。

■屋根防水工事

■バルコニー床防水工事

■開放廊下防水工事

屋上アス防屋上アス防 バルコニーウレタンバルコニーウレタン
14

設備・緑化・
外構工事

設備・外構の保全・改修を行い、また各所の緑化工事も提案実施します。

■高架水槽・受水槽

■給水管・配水管

■屋上外構緑化工事

■駐車場整備

屋上劣化屋上緑化