大規模修繕工事の流れ

大規模修繕工事のお話をいただいてからの流れと致しまして、大きく分けて3つのステップで構築を考えております。
修繕工事の調査・提案・見積
1

現状の建物調査

現状の建物の調査・診断を行い、調査報告書を作成します。

■劣化状況の調査

経験豊富な診断員による目視・打診等により、劣化状況を調査します。

■劣化程度の分析

必要に応じ付着力試験・中性化測定・各種劣化試験等によりコンクリート躯体・塗装・防水層・シーリング等の劣化状態を調査します。

■劣化数量調査

補修が必要な下地劣化数量(欠損・ひび割れ・浮き等)と防水・塗装・シーリング等の数量を調査します。
2

修繕方法の提案

各部位の修繕方法・施工法を複数提案し、提案書として検討頂きます。

■修繕提案書の作成

劣化状況に対し、当社の推奨する修繕方法・施工法を具体的に提案書として作成します。

■修繕方法についての説明

劣化状況と修繕方法・施工法について、皆様にわかりやすく提案内容の説明会を行ないます。
3

見積の作成

修繕工事の費用について、各項目毎に積算し、見積書を作成します。

■各項目の費用見積の作成

修繕提案書を基に、各施工項目毎に数量と単価を積算し、費用明細を明らかにした修繕工事見積書を作成いたします。


4

説明会

関係する方々に対して、建物の劣化状況と修繕方法と施工法の提案内容と費用について説明をさせて頂きます。

■調査内容・工事内容・見積内容の説明

劣化調査の内容報告・提案する修繕方法と工法・費用の積算と見積等と当社の改修工事についての施工計画と要領について、資料を提出のうえ内容説明させて頂き、更に関係する方々のご希望・ご意見・ご質問をお聞かせ頂く説明会・意見交換会を開催いたします。


※こちらまでは無料です。お気軽にご相談下さい。