修繕工事のポイント

塗装工事のポイント

工事のポイントは主に3つあります。
建物イメージ

外壁塗装

外壁の仕上塗装は美観上重要な事はもちろん、建物の躯体保護の重要な役割を持つものである。
意匠性と躯体保護性能に優れ、また長期にわたる耐久性と耐汚染性に優れた仕上塗料の選定が望ましい。
既存塗膜の処理
既存塗膜の劣化が大の場合、既存塗装を撤去する。
既存塗膜の劣化が少ない場合は、既存塗装を補修の上積層工法
 を取る。補修方法・既存表面処理は積層する材料・工法により異なる。
塗膜の部分撤去の場合は、補修面を既存周辺部とパターン合せを
 行い、新設時に補修跡が残らないように行なう。
既存塗膜
吹付け中

上裏塗装

バルコニー等の上裏等は、コンクリート下面となるため、水蒸気等の通気性能も要求される部分である。
上面の防水性能とも考え合わせ、適度な通気性のある仕上塗装の採用が望ましい。
施工中 バルコニー 上裏
施工中 バルコニー 上裏
施工中 バルコニー 上裏
施工中 バルコニー 上裏

鉄部塗装

既存の鉄部の状況(発錆状況)を充分考慮し、補強を含めたその錆処理と合せた塗装工程を組む必要がある。
錆落し・ケレン等の処理は入念に行い、防錆処理・仕上げ塗装を丁寧に塗りむらの無いように慎重に行なう。
既存鉄部塗装面
の処理
工具を用いて、錆及び劣化塗膜を丁寧に除去する。
油脂分・塵埃を除去し清掃する。
 方法・既存表面処理は積層する材料・工法により異なる。
素地露出部は防錆下塗材で補修塗りを行なう。
施工前 鉄部腐食状況
施工前 鉄部腐食状況
施工中 鉄部塗装
施工中 鉄部塗装