安全・環境・品質への取組み

安全・環境への留意

工事は居住者等の日常生活活動と両立して行なうため以下の事項に留意します。

1 居住者及び通行・出入人の交通を含めた安全対策、生活障害対策を最優先
  とします。


2 工事における災害・公害対策と作業の安全遂行を確保します。


3 常に連絡と確認を行い、コミニュケーションを徹底します。


具体的には

工事は居住者等の日常生活活動と両立して行なうため以下の事項を留意します。

1. 安全管理全般の警備係員を配備します。


2. 危険のある立入禁止箇所は明示し、バリケード等を設置します。


3. 居住者の方に不安・不快感を与えないように最大限努めます。
  その為の疑問やお問合せにお答えする広報・連絡活動を実施します。


4. 工事用掲示板を設置し、工事に関する連絡を行います。


5. 必要に応じ、各戸に説明文を投函し連絡を徹底します。


6. 工事関係作業員全員に社名入りの名札を装着させ、
  不審者の判別に勤めます。


7. 工事関係車両は『車両カード』を携帯させ明確にします。
  また工事車両のアイドリングストップを励行します。


8. 喫煙場所は決められた場所に限定し、他での喫煙は行ないません。


9. 臭気や騒音の発生する可能性のある場合は、事前連絡を行ないます。


高品質への留意

1 計画通りの工事施工を行い、提案→承認→施工→検査→確認 のサイクルで
  品質の確保を行ないます。


2 各工程毎に綿密な品質管理と検査と確認を行い、高品質を確保いたし
  ます。